MENU

\ Please follow me! /

営業時間
am9:30~pm6:00
定休日
月曜・第1第3火曜
2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

定休

研修

休業

COYOTE

キャップとコックの位置を変更してガソリン量を確保する!

3月になりまして一気に春模様になってきました群馬県太田市です。気温も15度以上を超える日もボチボチありますのでバイク乗りがウズウズしてくる頃です。私達も春までに、、、と、お待ちいただいている皆さんの愛車をお返ししなければなりませんので、慌ただしくなってきました。

カスタムを遂行中のパンチョッパー様ですが、まずはマフラーを製作させていただきましたが、溶接跡を削り落として塗装無しで完成とします。鉄地のままなのでサビとしまいますが、それもまた味となります。
狭い感覚でパイプを並べていわゆるショットガンマフラーになりました。前後の長さは基本同長とし排気バランスも考えます。マフラーは本来性能を求められるものですが、チョッパーの場合はあまり気にする傾向にはありません。
ガソリンタンクはスポーツスターmodelのタンクを中古品で購入しフレームにのっけているような感じでなるべく高くマウントさせます。フレーム側のブラケットと位置が違うため、タンク側を改造して合わせています。
ガソリン量を少しでも多く確保するため、元々ついているキャップバングを一度切断し位置を高くずらして付けなおします。ちょっとしたことですが、これだけでも500㏄程の容量UPが期待できます。
ガスコック取付位置もなるべく低い位置に取り付けることで死にガスを減らすことになります。小さなタンクではとてもやりがいのある改造です。悩まれている方も500㏄以上の変化があるなら改造もおススメです。
もともと描かれているデザインはこのまま生かすため余計なキズは付けずに進めます。加工した部分のみを補修し現状を楽しんで頂く仕様です。
ランブータン製のダイヤステッチソロシートは一点一点製作されているシートでありますが、その際に別注でウレタンの厚みの変更や表皮の色やステッチの色の変更も可能です。
真っ白ではなくアイボリーを使って縫って頂きました。これだけでもアクセントになりカスタム度合いがUPすると思います。タンクなどの外装の色に合わせてステッチ色を変更してはいかがでしょうか?
ハイバックのため加速時の滑り止め効果は抜群です。ウレタン厚みも多くお尻にやさしい作品です。ハイバック部分の表皮のみを変更することも可能です。

シートはオートバイの中でも全方向から見える部品ですので、結構重要なカスタム部品と思います。乗り心地にも影響しますため、二度三度交換したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
お手数おかけしますが最後にポチッっと1回(^0^)/

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
遠藤自動車サービスBLOG - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね