MENU

\ Please follow me! /

営業時間
am9:30~pm1:00
定休日
月曜・第1第3火曜
2022年 5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

定休日

イベント

臨時休業

エングレービング★

こんばんわオオガキです!

皆様にはどうでも良いお話かもしれませんが、明日はオオガキが乗っていた車両を手放す日ですヽ(;▽;)妻とタンデムツーリングを楽しむために購入したツアラーをついに手放すことにしました。子供もできて二人乗りはしないであろう。。。なので、ソロライダーに戻ります(^0^)/次は何にしようか?と考え中ですが、店頭に並んでいる30年代のサイドバルブエンジンで次のバイクを作りたいと考えています。
完成は、、、、、十年後??(^^;

では、今日は朝一でジークラシックの赤坂さんが来てくださいました。ペイントの打ち合わせでしたが、いいものを持ってきてくれました。

IMG_0308

カムギヤケースカバーに彫刻をホッた品です。

IMG_0312

これはお時間のかかるカスタムですよ~。

IMG_0313

やり直しがききませんしね!

IMG_0314

アルミの部分であればどこでも入れられます。ほかの金属もOKですが、現状ではアルミだけお受けさせていただきますので、ご希望の方はご相談くださいませ。

IMG_0315

こちらは当店にサンプル品として置いていってくれた商品です。

IMG_0316

悩まれている方はぜひご覧下さい。

IMG_0317

黒1色のバイクに彫刻だけするのもカッコいいかもしれません(^O^)

 

 

さて、お次は鹿児島県S様ショベルグースくんのご紹介です。

IMG_9446

新品であったワイドホイールをバランバランにして、「真鍮メッキ&いぶし」 と「パーカーライジング」で仕上げ直したホーイールパーツを組み立てていきます。
IMG_9437

新品のベアリングに交換いたします。

IMG_9438

プレスを使って圧入しました!このプレス機はヴィンテージですが、なんとか動いています。さすが日本製。

IMG_9442

初めてワイドホイールをバラバラにしたので、ミスがあってはなりません。ということで、ばらす前には徹底的にメモをしました。スポークには角度の違う2種類があることがわかりました。調子にのってメモせずバラせば組み上がらないところでした(^^;

IMG_9447

ひとまず片側にスポークつなげていきます。そのまますべてをつなぎ合わせて各部調整調整の繰り返しです。それがまた時間が必要な作業。。。

IMG_9462

車体のバランス見て真鍮部を増やしていきます。今日はとりあえずこんなところでしょうか(^O^)

IMG_9463

うっすら見える程度で止めておきます。

IMG_9458

エンジン周りも組立を進めております。内燃機加工が終わって戻ってきたヘッドを組み直していきます。

IMG_9459

この度はイメージに合わせてエンジン周りの外観磨きはあえてしません。当店では通常バルブシール(オイルを食い止めるシール)がついていない年式でもショベルヘッドなら基本的にシール付きに改造しております。まあ、オイルが漏れるかどうかのレベルなので気にしなければシールがなくてもイイわけです(^O^)

IMG_9460

ヘッドカバーはもともと会ったメッキをメッキ屋さんにて剥離していただきこちらもまた磨かずにそのまま使用します。新品部品多用の中で、すでに走り倒したような状態を仕上げて参ります!

IMG_0347

こちらは新品の目玉(ロッカーカバーの部品)を焼いて、汚しました!これでネジ山ピンピン状態の中古ボルトの完成です。

IMG_0290

クランクケースにドリルで穴を開ける恐ろしい作業ですが、オイルポンプ交換のために必要不可欠な作業です。

IMG_0293

s&s製の新品ポンプです。純正を直して使うことはもちろん可能ですが、コストも大きくかかりますし、ALL新品になる方がいろんな意味でいい時もあります。キレイすぎないようにココでも傷をつけてからの取り付けでした。

IMG_0291

エンジンスプロケット周りからのオイル漏れは常識中の常識です。ここを開けたら交換はセットメニュー。
IMG_0294

カムギヤケース内を点検清掃して、問題なければ組み直しです。

IMG_0323

もともと付いていたピストンですが、高価なパーツでもあり状態もかなり良いので、清掃してそのまま使うことにしました。ある程度アタリが出ている状態がベストなので、必ず新品交換が良いとは思いません(T_T)

IMG_0322

錆びている部品はあえて塗装しません。。。かっこいいからです(^0^)/

IMG_0326

シリンダーもちょいと塗装が剥がれていますが、そのまま行きます。しかし、この度はボルト周りについてはほとんど新品交換で進めます。

IMG_0329

シリンダーヘッドと呼ばれる部品ですが、こちらは状態は良かったもののシール付きバルブガイドに仕様変更するために加工をお願いしました。面研磨と内燃室ウェットブラストはセットメニュー。こちらのショベルグースくんは、今までの作業があまりに地味すぎてご紹介していなかったのですが、形になり始めましたので引き続きご紹介させていただきますm(_ _)m

IMG_0339

ブラック&金箔ペイントが完成しました。

IMG_0340

黒と金のコントラストは文句のつけようがありませんね。

IMG_0341

細かい作業ですからお時間もかかります。。。でも、結果は良しヽ(´▽`)/

 

 

ということで本日はこの辺で失礼いたします!

なんだか目が痛い。コンタクトの調子が悪いようです(´・ω・`)そろそろヴィンテージなので新品交換します★☆★

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね