MENU

\ Please follow me! /

営業時間
am9:30~pm1:00
定休日
月曜・第1第3火曜
2021年 10月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

定休日

イベント

臨時休業

ハーレーちゃんの冬越しに備えて。。。

おはこんばんにちわ、本日もオオガキです!

今日も昨日に続き寒い一日だと思いましたが、雪の多い地域ではもう冬眠の時期に入ってしまったかもしれませんよね?バイクを冬眠させる前にオススメしたいアレコレをちょっと語りたいと思います。

 

・タイヤの空気圧を通常よりも多めに入れておく。例えば通常2キロの車両は2.5キロ~3キロに。タイヤの空気が減ってタイヤが変形しないようにです。

・可能であればバイクを真っ直ぐ立てた状態で保管。フォークやシール部に対する片寄ったストレスを均等にしたいためです。ホイールクランプっていうイイアイテムがあります。

・ガソリンタンクのガソリンを満タンにしておく。タンク内のサビの発生を防ぐためです。(3~4か月使用しなかったガソリンは捨てた方がイイです。オイル漏れとか油汚れを洗浄するのに使ってあげましょう)

・キャブレターの内部のガソリンは空にする。ガソリンコックをOFFにした状態でエンストするまでエンジンをかけておけば内部のガソリンは無くなります。キャブ内のガソリンが腐ってオーバーホールが必要になってしまわないようにです。

・バッテリー端子はプラスもマイナスも外しておく。バッテリーがダメにならないようにです。できればバッテリーも1カ月おきくらいに充電しておきたいです。自動で充電をONOFFできる機能があれば充電器を繋げっぱなしでもOKです。オススメはコチラで紹介してます!

・エアクリーナーのスポンジの無い車両は、袋か何かかぶせてホコリがキャブ内に入らないように保管しましょう!あとで分解が必要になるようなことになると大変ですよ~。

ザっとですが、こんなような事ができれば安心です!

 

最近オオガキ金魚にハマっていますが、金魚も冬眠するらしいです。冬越しさせるためのコツは青水(緑色の汚そうな水)を作っておくことらしいのですがすでに手遅れでした。。。(^_^;)9月頃から準備することらしく、、、来春まで生き残ってくれるように勉強してます♪

 

ではまず、今日はオオガキ埼玉県~東京都へ向かって御納車でした!

まず一台目は、前後23インチのニュー&オールドスクールなショベルチョッパー様。ブラックとシルバーのコントラストが素敵☆プチカスタム&点検整備でお預かりしておりました!

二台目はカチ上げStyleがカッチョイイショベルチョッパー様。前上がりな車高のチョッパーってハンドルは重くなってしまいますが、意外と乗り心地が良くてメリットもあります。

そして明日の朝一番でこちらのナックルグース様の御納車です!エンジン修理後当店にて約400~500Km慣らし運転させて頂きまして、オイル漏れ箇所も可能な限り最低限に整備を繰り返しました。このまま維持して頂けるように願って(^^ゞ

オープンベルトにズボンや足を巻き取られないために必要なベルトガード!いがいにも製品化されていないモノも少なくありません。そんな時は作るしかないのですが、現車合わせが大切なことが多く部品単体でお売りすることは難しいのが現状です。とくにショベルヘッドのようなエンジンとミッションの距離感が自由自在に移動できてしまうモデルは感で作るしかなくなります。。。なので、車体をお預かりしている最中にご依頼頂けることが理想的です。

一番多いのはエンジン側の回転部のプーリーとベルトの隙間に巻き取られることです!慣れれば自然と体が逃げてくれるので巻き込まれませんが、乗り初めの頃は靴やズボンがボロボロになることも。。。(^-^;

群馬県Y様ショベルprojectはココまで形が出来上がってまいりました!

マフラーはシンプルにエンジンやミッションがキレイに見えるようお作りしています。エンド部はスラッシュカットで!

ムーンアイズ製のエマージェンシータンクはこんな具合にセットしてみましたが、まだ仮状態なのでニラメッコしながら決定していきましょう!

ハンドルもりそうてきなぽじしょんを目指して修正しています。またがって頂きながら調整を繰り返して完成させてまいります。

フェンダーのエンドにはちょっとデザインを加えます。ペイントにも工夫をして。。。(^^♪

ピッカピカなエボチョッパーprojectのエンジンが半分組みあがってきました!ウェットブラストのおかげでホントにキレイです。

内部の部品には深いダメージがないため、最低限の部品交換のみでリビルトしていきます。

ヘッド部も同じく。手油さえも気になるレベルで緊張します。。。

雨が続くと外での業務が進まなくなるので、スタッフの多くが向上にこもります。その時にあふれる業務がエンジンミッションのオーバーホール。

分解したら内部がサビだらけなのでしばらく乗っていなかった証拠です。

ピストンごと新品交換して内部の研磨をしてサビなんて見たことも無い状態まで回復させます。

全体的に同じような整備が必要なエンジンでしたが、手を加えさえすれば直せないことが無いのがハーレーダビッドソンです。ボルト一個から購入できる部品供給の素晴らしさが世界的に愛される理由の一つでもあると思います★

ではでは、これにて今晩のブログは終了となりますが、最後にご報告です。

少し前からご連絡させて頂きましたことですが、2018年よりオーダーメイドでのご注文を年間10台と台数限定させて頂くことになっております。来年には、、、とご検討中のお客様はナルハヤの御相談を頂戴できましたら幸いです。オーダーメイドの場合、御見積の数日間頂戴するなどスタートするまでにお時間が必要となることもありますので、御時間には余裕をもってご検討頂けましたらなるべく理想的なご提案ができるようになると思います。

引き続きよろしくお願い致します(^^)/

 —————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね