MENU

\ Please follow me! /

営業時間
am9:30~pm6:00
定休日
月曜・第1第3火曜
2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

定休

研修

休業

COYOTE

年末にかけての、納車ラッシュが始まっております(^^)

こんばんわオオガキです!

冬真っ最中の時期になっていますが、朝一番のエンジン始動時はなかなか、かけづらい状況になってしまっているのではないでしょうか?夏場に比べてガソリンを多く必要とする時期でありますので、チョークをいつもより強めに使用したり、ガソリンを送る作業を多めにして頂いたりと、夏場とは違うかけ方でトライして頂くとイイと思います。S&SのEキャブであれば、スロットルをガバっと2~3回ほど開けてガソリンを送ります。SUキャブであれば、20回前後はティクラーポンプを押し上げてからキックしてみます!また、始動後も調子が良くなるまでには20~30分はかかると思います。気温に大きく左右されやすい旧車ですので、気を使いながら乗ってあげましょう~♪

img_2045

さて、1階では今週末納車予定のshovelボバーくんのミガキ作業をしていました。本日車検を取得しましたので、ナンバー登録のため、管轄の徳島県へ書類を送りました。年末のためスムーズに行けばいいのですが、スムーズでないと週末には戻ってきそうにも有りません。。。ちょっと心配です。

img_2046

ブラックはちょっとした擦り傷が良く目立つので吹き上げるのも生地を気にします。柔らかい生地を買って磨いてあげて下さいましm(__)m

img_2049

車検&カスタムでお預かり中のロングチョッパー様、マフラー製作に入りました!ロングチョッパーなのでエレベーターに入らず、、、1階にて製作しています(^^;

img_2047

曲げパイプをゴロゴロ集めておいて、切った貼ったを繰り返して、ご希望とする形状を目指します!

img_2048

薄物はTIG溶接機が適当です!丸一日溶接し続けていると腕が真っ赤になるので、防御は必須です(^^)

img_2053

福島県S様ショベルプロジェクトは2階にて。。。18インチホイールとコヨーテタンクの細さが際立っています!

img_2050

今日はフェンダー製作です。リヤフェンダーもフレームに対して真っ直ぐつけるという作業は地味に難しいんです。ジグ的なモノを作っても毎度それぞれの使用が違うため、結局現物合わせになってしまいます。

img_2052

フェンダーとタイヤによって違いますが、こんな感じでチェーンを巻いて隙間を調整します。毎度現物合わせ作業ばかりなので、1台を作り上げるのはどんなにシンプルな形状でも簡単ではないんです(;^ω^)純正フレームならまだ作戦はあるのですが、リジットフレームでは簡単に何かを製作することは、なかなか難しい条件が多いです。

img_2059

さて、先日ご注文頂いたばかりのショベルチョッパー様は合間を見て試乗をスタートします。車検も残っている車両なので、早めにお渡しができる予定ではいますが、、、それなりにテスト走行を繰り返したいのでちょっとお時間いただきたいと思います。エンジン内部もオーバーホールしたばかりなので、慣らし運転は長メがベターですね♪

ところで、3階では毎日塗装専門スタッフがバンバン塗っていますが、当店の製作台数に対して塗装業務が追い付かなくなってきました(^^;

img_2056 img_2054 img_2055 img_2057

これでも、パートナー様に依頼している内容も多くあるので、困った状態です((+_+))ということで、もう一名塗装専門スタッフを募集中でございます。。。。。m(__)m

 

ところで、ショベルヘッドが当店で一番人気がある理由って何でしょうか?

というご質問が多いのでザックリこちらでお答えしたいと思います。

まず第一にカスタムバイクにおいて、日本国ではショベルヘッドの需要が元々多く、ネット上でも現車でも見る機会も多いからだと思われます。パンヘッド以前モデルになれば、球数も少ないうえに、コストも大きく買い求めにくい、、、(ショベルが安いとは言いませんが)、それはアメリカでも同じなのでカスタム済みバイクが日本に多く輸入され始めたのだと思います。そして、日本人の好みのお話で、エンジン形状やエンジン音などがショベルヘッドの人気が強いと思います。パン、ナックルの魅力も多いのですが、エンジン下半分の腰下部分の形状には特徴があり、そこがショベルヘッド以降のエンジンを好む方との意見が大きく割れるところです。また、パワーの面でもショベル時代のエンジンであれば高速走行時も普通の速度で走る方にとっては不足が無い範囲でもあります。オーバーヒートやその他の故障リスクもまあまあ?であり、古すぎず新しすぎず、、、のイイとこどりをしているのがショベルヘッドなのではないかと、つくづく感じさせられる毎日です(^^)もちろん、現行のツインカムエンジンから、エボ、ショベル、パン、ナックル、サイドバルブ、、、すべてにおいてそれぞれの魅力がありますので、どれが良し悪しではなく、どれがお好みなのか?だと考えます。当店は今のところ、この全エンジンを利用したカスタムハーレーの製作をしている店なので、迷った時にはまずご相談下さい☆分かりずらいかもしれませんが、なるべく理解して頂けますようにアドバイスさせて頂きたいと思っています\(^o^)/

ではでは。

 —————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね