MENU

\ Please follow me! /

営業時間
am9:30~pm6:00
定休日
月曜・第1第3火曜
2022年 10月
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

定休日

イベント

臨時休業

アメリカより輸出したコンテナが到着しました!大量の在庫が増えました♪

DSC_2484 そこまで大きい駐車場ではないので40フィートのコンテナを入れるのは大変だった様子でした(;^_^Aでも、さすがのプロの運転手さんだったので安心感ありでした。 DSC_2485 恒例の施錠装置切断式の始まりです!コンテナは荷受人しか中身を確認できないようになっていますので、カギがかけられています。しかも開けられない鍵です。 DSC_2486 ぎゅうぎゅうに詰め込んでいましたので、出すのもぎゅうぎゅう!!コンテナから落ちて気がしないようにしないとです。 DSC_2505 アミーゴちゃんは、とってもパワフルなので力仕事はもってこいのスタッフです!余裕の記念撮影♪ DSC_2506 またGETできましたナックルヘッド。アメリカにてオーバーホールしてあるものなので外観もとてもきれいなエンジンです。 DSC_2507 出てきましたボーンフリー8ナックルグースちゃん、、、ひっくり返らないようにしっかり固定されていたので取り外しも苦労しました! DSC_2508 コンテナの中間にはC-10を!横幅ギリギリなので人間も通る隙間がありません(^^; DSC_2509 積載車をコンテナにつないで下しました!ベッドの上にも大量のパーツがあります。 DSC_2510 車の奥にもまだまだバイクやパーツがあります!壁を撤去して取り出します。 DSC_2511 最後はお借りしたコンテナをお掃除して、コンテナを港まで持って行って頂きます!この間ドライバーさんはただ待ちぼうけしかできないのでそれはそれで大変なお仕事ですよね。。。オイル漏れがあるバイクなのでオイルもしっかりモップがけしてキレイにしないとNGです。 あとでゆっくりご紹介いたしますが、そのままの形で販売できそうな車両は↓↓こちらです。 DSC_2488 ショベルFXシリーズの純正styleです。 DSC_2490 アメリカに良くある雰囲気がガンガン出ています。 DSC_2489 ニューメキシコからやってきた子です!アメリカはナンバーを返納しなくても輸出できるのでこのナンバーはもらえちゃうんです。 DSC_2493 純正フレームを生かしたカスタムショベルくん到着です。 DSC_2495 コンパクトにまとめられたボバーstyleですので、乗り心地もよさそうです。 DSC_2496 ワイドグライドフォークに2連ライト! DSC_2497 彫りこみがカッコイイワンオフのサドルシートが付いています。厚みもあって重量感あります。 DSC_2498 こちらもまたアメリカらしいショベルFXシリーズです! DSC_2501 ペイントがまさに90年代で古い雑誌に出てきそうな仕上がりです。 DSC_2502 ツインコイルになって独立点火仕様にされています。アメリカでは点火系にお金は良くかけるんです。 DSC_2503 おもしろいカバー付いていました! DSC_2504 エアクリも! DSC_2512 これらはこの度購入したヴィンテージスプリンガーです!当時モノなので超中古品です。 DSC_2513 ガーターフォークかっこいいんですよ~~★見るとロングチョッパーに乗りたくなります。 DSC_2514 タジマ氏お気に入りのスプリンガーと記念写真!ロングチョッパー大好き野郎です。 DSC_2528 コレクションしているみたいになってきちゃったのですが、使うために集めています(;^_^A DSC_2529 これだけでニヤニヤできます(^_^)v DSC_2532 とっても素晴らしい絵だと思っておりますが、リジットフレームに載せたナックルがカッコよすぎます! DSC_2533 このフレームは1936年のレプリカ新品フレームなんです!当時のデザインを再現して現代に作られたフレームですので味わいがあります。 DSC_2534 当時はTIG溶接とかではなく真鍮ロウを使った溶接なのですがそれも再現してあります。塗装しちゃったら見えないからどうでもいいかもしれませんが(;^_^A DSC_2535 エンジン前についているループもナックルの初期型のみの形状です。キャシャなころがポイント! DSC_2536 ネック周りは鋳物ですので削り出しで作られた現代のリジットレームとはまた違う味があります。 DSC_2537 1937年ナックルヘッド、、、メッタにGETできない年代です。 DSC_2518 大量のパーツは手分けして一気に在庫整理します。入荷日やらなんやらをパーツにも記入しときます。 DSC_2517 スワップミートでGETしたパーツもたくさんあるので伝票がそもそもないから把握しておくのが大変なんですぅ(>_<) DSC_2519 陰になっちゃって分からないと思いますが、これは銅のガソリンンクとオイルタンクです。うまく使ってカッコイイ一台が作れればイイと思います。 DSC_2520 スワップミートで始めてお会いしたこのタンク!なかなかいいデザインでした。 DSC_2521 筒型ではありますが、、、 DSC_2522 再度が少しへこんだりしています。 DSC_2523 キャップも過激なデザインです。 DSC_2525 何に使えるかな~~っと思ってみていたのがこのタンク。右側の太いのは12リットル入るタンクですが、細い方は予備のガソリンタンクなんかに使えると思いました!あとで何かにつけてみようと思います。 DSC_2545 あたらしくGETしたリーフスプリンガーフォークです!当店では初めて買ってみたのですが、これでまたあらたなカスタムハーレーを作りたいです。 DSC_2546 ようするに板状のバネでクッションしているっチうことです。ヴィンテージ感は強めに演出できます。 DSC_2547 アクスル径は3/4なので多くのホイールをセットできるようになっています。どうやって使おうか検討中です(^^♪ DSC_2541 何コレ??と思いますが、車につけるトレーラー引っ張るためのブラケットです。ヒッチメンバーっていますよね!これをキャラバンにつけて納車もイベントもたくさん積み込んでイケるようになります。 DSC_2531 また後程詳しくご紹介いたしますが、すでにベース車両から降ろしてズラリと並べましたエンジンたち。この度の輸入で約20台ハーレーが来てくれました。しばらくの間は店内もごちゃごちゃしてるかもしれませんが、気になさらずご自由に見ていって下さるとうれしいです。今ならオーダーメイドなどで選べるエンジンもたくさんありますので、ご検討中の方はお早めに決断して頂けますとより良い条件の車両が製作できるかも、、、しれません(^_^;) ではではまた明日続きを書きます!  —————————————————– みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。 ポチッっと1回(^0^)/ にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ にほんブログ村]]>

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね